ポートフォリオ

2019年12月現在の保有銘柄

皆さまごきげんよう。

うなぎ丼です。

 

今年も終わりに近づき、仕事納め・忘年会・年末の特番など大忙しの日々をお過ごしかと思います。

うなぎ丼も今年中にできる限りのことはやり切ったと言い切れます。修論の執筆・読書・株式投資・弊ブログの更新などしたいことやらなければならないことの狭間で揺れ動き、均衡を保ってきました。

 

さて、今回はその中でも12月の株式投資の購入・保有銘柄について述べたいと思います。

2019年12月の購入銘柄

・PM(フィリップモリス):

・MO(アルトリア・グループ):

・BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ):

・SPYD(SPDR ポートフォリオS&P500 高配当株式ETF):

以上、4銘柄。

日本円にして23437円分を購入いたしました。

 

恥ずかしながら12月の購入資金はそれほどつぎ込めませんでした。(メルカリで断捨離していたのですが、、、)

しかし、いまある資金でできる限り投資をして資産を増やしていこうというのが私の目標でもあります。

依然として上昇中の米国市場で、比較的高配当かつそれほど値上がりしていないかつ今の資金で購入できる銘柄であることを考慮した結果、たばこ株を中心とした買いに至りました。

うなぎ丼のポートフォリオ(2019年12月末)

以下はうなぎ丼のポートフォリオの円グラフです。

11月と比べて、ETFの比率が下がり、個別株が多くの割合を占めるようになりました。

うなぎ丼の理想形としては、ポートフォリオの50%をS&Pインデックスでまかない、残りを個別株で運用することです。

市場平均の運用成績を確保し、いかに個別株で成績を上げていくかが鬼門となっています。

いずれにせよ、11月から言い続けていますが、もう少し個別株は分散したいところでございます。

運用成績(2019年10月~)

総購入資金 \100491
総資産 \107569
評価損益(%) +7.04%

昨今の米国市場の好調ぶりから、7%と高い運用成績を収めることができました。

短期的には優れていますが、私はあくまで長期的視点を心がけておりますので、引き続き積立を継続していきたいと思います。

まとめ

12月の保有銘柄を公開いたしました。

1月はETFおよびヘルスケアセクター・生活必需品セクターの個別株の買い付けを考えております。

また、来月に報告したいと思います。

 

Where there is a will, there is a way.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です