ブログ運営

アマゾンアソシエイトに承認されました!ー5回の審査落ちから学んだ気を付ける点

この度、アマゾンアソシエイトプログラムに承認されました!

審査に落ち続けて5回。

グーグルアドセンスに比べて長い道のりでした。

そこで本記事では、アマゾンアソシエイトに受かるまで私がやったこと・申請する際に気を付ける点などを皆さまと共有出来たらなと思います。

アマゾンアソシエイトに受かるまで

先述の通り、うなぎ丼はアマゾンアソシエイト審査に5回落ちました。

落ちた5回とも、以下のポリシーに抵触していることが原因だとアマゾンから通達されます。

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

しかし、当サイトではこれらの条件を満たしている上で運営していました。

よって私はこの文面を見た瞬間、「いやいや、どこが間違ってんの??」とかなり疑問に思いました。

考えられるとしても1の「Webサイトが未完成」に当てはまるのかもしれませんが、そもそもグーグルアドセンスに合格していたのです。

当時30記事以上更新していましたし、それはないだろと。

 

なので、そのまま継続して記事を更新しつつ、1記事更新してはアソシエイト申請を行っていました。

すると、ある日突然合格の通知が来ます。

 

特にサイトに関して変えた点はなかったのですが、5回目の申請と6回目の申請の際に、1つだけ変えたことがありました。

アマゾンアソシエイト申請において気を付ける点

審査時に「Webサイトの内容、および紹介したい商品について簡単にご説明ください。」という欄が設けられています。

ここをできる限り詳しく記入することです。

256文字という字数制限ですので、できる限り書くことです。

 

例として私の文章を見てみましょう。

 

不合格時

当サイトは株式投資の情報を発信しております。情報を発信する際に、自分が勉強に使った書籍等を紹介していきたいと考えています。

(61文字)

合格時

unagidon.comでは株式投資・歴史・教養・健康などの情報を発信し、「お金と人生について考えるきっかけ」を作るブログです。ブログでは私自身の参考文献として勉強に役立った書籍を紹介する機会が多々あります。多くの方に商品を紹介するため、アマゾンのリンクを張らせていただきたいと考えています。

(146文字)

 

いかがでしょうか。

こうしてみると合格時の文章の方が詳しく書けていると感じます。

今回の件で、サイト紹介文を怠ると審査には通らないということがわかりました。

 

ちなみに、メールアドレスはGmailで申請していたので特に気にすべき点ではないと思います。

また、申請時にアフィリエイト広告を外しておく必要も無いかと思います。

まとめ

アマゾンアソシエイト審査に合格するためには

1.記事をそれなりに(30記事以上)更新すること

2.著作権等は気を付けること

3.サイト紹介文を丁寧に書くこと

が挙げられます。

 

アマゾンアソシエイトプログラムに承認されたことで、アマゾン内にある商品を紹介することができます。

当サイトでは、株式投資・人生哲学などを学ぶためにおすすめの書籍の紹介等も行っていきたいと考えています。

Where there is a will, there is a way.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です