米国株

暴落時にオススメしたい銘柄3選

先日、ダウが過去最大の下げ幅を更新しました。うなぎ丼のポートフォリオの米国株はほとんど含み損を抱え、下落の一途を辿っています。

このような先行き不安な状況下で株を買うことは愚か、ホールドし続けるのも精神的にキツイことでしょう。

 

そこで今回は、私が考える暴落時こそ買うことができホールドできる銘柄3つを紹介していきたいと思います。

暴落時にオススメしたい銘柄3選

うなぎ丼が暴落時にオススメする銘柄は以下の3つです。

・【PM】フィリップモリス

・【KO】コカ・コーラ

・【PG】P&G

これらを選んだ基本的な観点は2つです。

・不況でも我々が買う商品・サービスを扱っているか

・決算から株価回復が見込めるか

 

それぞれの銘柄について詳しく解説していきます。

【PM】フィリップモリス

マールボロ、IQOSなど有名なブランド力のあるタバコを生産・販売しています。

タバコはそれがもつ依存性・健康問題によって、世間から冷たい目で見られることはあります。しかし、タバコ銘柄に関しては大歓迎。

好況・不況関係なくタバコを吸う人は吸うし、吸わない人は吸いません。

 

また、EPS配当金が増加傾向なのも買いの要素です。

EPSが増加傾向であることで、将来に渡って株価回復が期待できます。

株価下落に伴った利回りの高い配当金がさらに増配していくことで、投資家の懐を潤してくれるでしょう。

【PM】フィリップモリス、世界最大のたばこ会社、驚異の配当利回り5%超え本記事では、世界最大のタバコ会社であり依然として高配当を維持し続ける【PM】フィリップモリスの銘柄分析を行います。 たばこ会社はそ...

【KO】コカ・コーラ

世界的に有名な飲料メーカーです。

コカ・コーラを始め、綾鷹など数多くのブランドある製品を販売してきました。

 

ROEも25%以上を維持しており、高水準です。

生活必需品セクターの中でも収益力があります。

【KO】コカ・コーラ、世界中で愛される飲料メーカー、57年連続増配本記事では、世界中で愛され続ける飲料メーカー【KO】コカ・コーラの銘柄分析を行います。 実はコカ・コーラ社は、コーラ以外にも綾鷹・...

【PG】P&G

言わずと知られた世界最大の日用品メーカーです。

こちらもフィリップモリス、コカ・コーラと同様、市場が暴落しようが関係なく利用される製品を扱っています。

シャンプー、洗濯だって毎日しますよね。

 

連続増配63年の株主還元に積極的な優良企業です。

リーマンショック時でも30%以上下落しましたが、2年後には元の水準に戻り、今も上昇中です。

今回のコロナショックは、一時的な下落と見て問題ないかと思います。

【PG】P&G、世界最大の日用品メーカー、連続増配63年、株主重視の優良企業本記事では世界最大の日用品メーカー【PG】P&Gの銘柄分析を行います。 【PG】の銘柄分析 基礎データ 会社名...

まとめ

以上、暴落時にオススメしたい銘柄3選について解説していきました。

株価下落による不安から、狼狽売りしてしまう投資家の方もいると思います。

しかし、株式投資は退場をしない限り、長期的にみれば株主に利益をもたらしてくれます。

投資を長く楽しんでいきましょう!!

 

ご参考になりますと幸いです。

 

Where there is a will, there is a way.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です