ETF

【比較】S&P500指数に連動するETF

本記事では、以下のS&P500指数に連動するETFをピックアップし、比較していきたいと思います。

1.iシェアーズ・コア S&P 500 ETF【IVV】

2.SPDRトラストシリーズ1【SPY】

3.バンガードS&P500ETF【VOO】

S&P500指数に連動する各ETFの特徴

1.iシェアーズ・コア S&P 500 ETF【IVV】

世界最大の資産運用会社ブラックロックが運用するETF。

米国を代表するS&P500指数に連動しています。

業種比率でいうと、トップのITが22%。

2.SPDRトラストシリーズ1【SPY】

ステート・ストリート社が運用するETF。

こちらもS&P500指数に連動しています。

違った特徴としては、NYSEだけでなく東京証券取引所にも上場しています。(証券コード:1557)

3.バンガードS&P500ETF【VOO】

インデックスファンドの老舗バンガード社が運用するETF。

S&P500に連動するように509銘柄を保有しています。

マイクロソフトやGAFAなど上位10社で23%、IT・ヘルスケア・金融の3セクターが主要であるといった特徴もあります。

組み入れ上位10銘柄比較

組み入れ上位10銘柄を比較します。

【IVV】 【SPY】 【VOO】
マイクロソフト(5.42%) マイクロソフト(5.45%) マイクロソフト(5.02%)
アップル(4.82%) アップル(4.84%) アップル(4.64%)
アマゾン(3.66%) アマゾン(3.68%) アマゾン(3.19%)
フェイスブック(1.81%) フェイスブック(1.82%) フェイスブック(1.88%)
バークシャー・ハサウェイ(1.63%) バークシャー・ハサウェイ(1.64%) アルファベット クラスC(1.63%)
ジョンソン&ジョンソン(1.60%) ジョンソン&ジョンソン(1.61%) アルファベット クラスA(1.62%)
アルファベット クラスC(1.56%) アルファベット クラスC(1.57%) バークシャー・ハサウェイ(1.59%)
アルファベット クラスA(1.56%) アルファベット クラスA(1.56%) ジョンソン&ジョンソン(1.44%)
JPモルガン(1.39%) JPモルガン(1.39%) JPモルガン(1.43%)
VISA(1.28%) VISA(1.29%) VISA(1.26%)

 

組み入れ上位10銘柄は3つとも同じです。

比率が若干違うだけで、【VOO】のマイクロソフトが低いといったくらいです。

また、IT・ヘルスケア・金融の3セクターのみで上位は構成されていますね。

株価・経費率・配当利回りの比較

【IVV】 【SPY】 【VOO】
株価 $279.16 $278.28 $255.72
経費率 0.04% 0.0945% 0.030%
配当利回り 2.19% 2.02% 1.84%

(2020/04/13時点)

経費率は【VOO】が0.03%と良心的。

その他も、0.1%を切っているのでさほど気にならない水準かと思います。

 

配当利回りは【IVV】が2.19%とほかに比べ高くなっています。

トータルリターンを比較してみましょう。

トータルリターン比較

1年間の株価をまとめてみました。

やはり、どれもS&P500に連動するように構成されているので、同じ値動きです。

【VOO】が下落相場に少し強いという印象ですが、変わりないかと思います。

 

トータルリターンの比較は以下の表になります。

1年 3年 5年
【IVV】 -7.01% 5.07% 6.68%
【SPY】 -6.94% 5.02% 6.63%
【VOO】 -7.01% 5.06% 6.68%

まとめ

組み入れ銘柄など様々な要素を比較してきましたが、どれも変わらない印象です。

この3つどれを選ぶかは個人の好みとなります。

 

ちなみに、うなぎ丼は【VOO】を保有しています。

経費率が一番低いからですね。

 

このようにS&P500に連動するETFを買うことで、米国市場平均のパフォーマンスを目指し、確実に資産を増やすことは賢明な投資戦略の1つです。

投資で豊かな人生を目指しましょう。

 

以上、S&P500に連動するETFをピックアップし、比較してきました。

ご参考になりましたら幸いです。

 

Where there is a will, there is a way.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です