ETF

【QQQ】インベスコQQQ、NASDAQ100指数に連動する高パフォーマンスETF

【QQQ】インベスコQQQとは

ナスダックの非金融大型株で構成するNASDAQ100指数に連動するETFです。

NASDAQ(ナスダック)とは、全米証券業協会が開いたアメリカにある世界最大の新興企業向け株式市場です。GoogleやAppleだけではなく、日本の日産・任天堂なんかも上場しています。

基本データ

設定日 1999年3月10日
ベンチマーク NASDAQ指数
構成銘柄数 103
経費率 0.20%
配当スケジュール 四半期ごと(3・6・9・12月)
配当利回り 0.71%

(2020/04/14時点)

経費率はほかのETFと比べて高い印象。

配当利回りにもあまり期待できません。

セクター別構成比率

情報・通信サービス・一般消費財の3セクターで80%以上を占めています。

新興企業ともあってやはり情報セクターが大半ですね。

実際に上位10銘柄を見ていきましょう。

構成上位10銘柄

invesco.comより引用)

マイクロソフトとGAFAのようなインターネット時代を牽引してきた企業で上位を独占しています。それも4割を超えています。

QQQはGAFAMで構成されているぶん、そのリターンが高いことで有名です。実際に設定以来のトータルリターンをS&P500と比較してみましょう。

設定以来QQQのトータルリターン

青が【QQQ】赤がS&P500となります。

これをみると、2012年以降に著しく伸びています。S&P500も好調なリターンですが、それを遥かに凌駕するほどです。

経費率の高さ、配当金の少なさも気にならないレベルです。

所感

【QQQ】はNASDAQ100に手軽に投資できるETFです。

基本的にNASDAQは米国のハイテク企業が上場しているので、株価もかなり伸びてきます。

現在のウイルスが蔓延している社会情勢からいっても、在宅勤務が推奨されてくるように、ますますIT企業が儲かる時代となりました。

配当金が少ないのは難点ですが、S&P500を大幅に上回るようなキャピタルゲインが得られるので、結果的に資産が増えていくと考えます。

 

マイクロソフト・GAFAに投資できる【QQQ】、検討してみてはいかがでしょうか。

ご参考になりますと幸いです。

 

下記記事で、米国ハイテク企業に投資できるETFを比較しております。

【比較】米国テクノロジー企業へ分散投資できるETFここ一年、【AAPL】アップルの株価が急上昇しています。 2019年よりトータルリターンは、驚きの79%でした。 こ...

 

Where there is a will, there is a way.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です