ポートフォリオ

今後の投資方針と高配当株+ETFポートフォリオの提案

私自身、2019年10月から米国株投資を始めて、高配当株を買い漁ってきました。

しかし連日、高配当株に警鐘を鳴らす記事を書いています。現状、このままポートフォリオを見直さず、投資方針を確立しなければマズいと考えています。

そこで本記事では、私の現在のポートフォリオ状況、そしてそれを踏まえた今後の投資方針を紹介します。さらに、私が考えた理想的な高配当+ETFポートフォリオを提案したいと思います。

私のような一個人投資家の考え方・価値観にだいぶ依存していますが、皆さまの参考になれば幸いです。

現在の資産比率状況

まずは現在の資産状況から整理します。

以下グラフは現在の資産比率状況です。(2020/05/17時点)

VOOとSPYDのようなETFを40%近く保有しており、残りを高配当株で保有しております。我ながら非常にバランスの悪いポートフォリオ。

最近、高配当株よりもETFを保有した方がいいと論じているのですが、そもそもの自身のポートフォリオに明らかな矛盾点がありますね。

ジリ貧になってしまう可能性がある高配当戦略高配当戦略か、ETFか、グロースか 個人投資家がどのような戦略をとるかは個人の価値観に依存します。 しかし高配当戦略一本にす...
コロナ禍で見えてきた高配当株のリスク私を含む高配当銘柄を保有している投資家は、短期的な株価の値動きにとらわれず配当金という定期的なキャッシュフローがあることから、市場に対し...

SPYDもETFといいながら高配当株でしか構成されていないため、結局資産の70%以上は高配当株。

 

5月まで含み損を抱えてしまうというのは心理的負担が大きく、スパッと見切りをつけて売れずにいました。

しかしこれではマズいと考え、5月の給料が振り込まれる時点で一度ポートフォリオを見直すことにします。

特に売却したい銘柄

・SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)

・RDS.B(ロイヤルダッチシェル)

・T(AT&T)

この辺は確実に売ります。

SPYDに関しては、S&P500の配当利回り上位80銘柄を優先的に保有していくことに見通しが立たないからです。株価が暴落すれば、結果的に配当利回りが高くなってしまうエネルギーセクター株の比率が多くなってしまいます。SPYDのベンチマークはイメージしやすく単純なETFではありますが、投資家としてリスクを考える必要があります。

RDS.Bに関しては、減配したからです。私自身、高配当で減配しないことを前提としてRDS.Bを購入したので売らざるを得ません。ここは潔く、損失を認めます。

Tに関しては、増配こそしているものの株価が伸びず、トータルリターンで見れば圧倒的にS&P500に投資した方が効率的だからです。

今後のポートフォリオの方針と展望

さて、前述の銘柄を売却した後に今後のポートフォリオをどう展開していくのか。

特に買いたい個別銘柄は以下の通りです。

・JNJ(ジョンソンエンドジョンソン)

・MSFT(マイクロソフト)

どちらも、コロナ禍でもアフターコロナでも有能な銘柄。

増配していること・財務状況・ESGの観点から言っても文句ないと思います。

これまで私は配当利回りに囚われ過ぎていましたね。

 

特に買いたいETFは以下の通り。

・VIG(増配株式)

・VGTもしくはQQQ(ハイテク)

VIGは米国大型株で10年以上連続増配している銘柄を対象しています。こちらはただ単に高配当株式を組み入れているSPYDとは違い、増配という目に見える信用があります。増配する財務的余裕があるということですからね。

【VIG】バンガード・米国増配株式ETF、連続増配10年以上の銘柄に投資できる【VIG】バンガード・米国増配株式ETFとは 米国の大型株で連続10年以上増配実績のある銘柄で構成されるETFです。 資本財・消...

VGTもしくはQQQに関しては、今後5年アフターコロナでテレワーク・オンラインを介しての仕事が一般化されると見通しがあり、ちょうどNISAで保有し売却益をゲットするのがよいと思っているからです。

【VGT】バンガード・米国情報技術セクターETF、トータルリターン最強! 【VGT】バンガード・米国情報技術セクターETFとは 米国の情報技術セクター(ソフトウェア・情報機器・受託サービスなど)を中心とした...
【QQQ】インベスコQQQ、NASDAQ100指数に連動する高パフォーマンスETF【QQQ】インベスコQQQとは ナスダックの非金融大型株で構成するNASDAQ100指数に連動するETFです。 NASDAQ...

 

以上を踏まえた理想的なポートフォリオ

ETFの比率を70%ほどにしました。

残りは個別株を運用していくこととします。

個別株の中でも高配当株は組み込まれていますが、高配当に囚われ過ぎずあくまでトータルリターンが最大になるように選びました。

 

理想的なポートフォリオを考えるのは楽しいものですね!

この理想が皮算用にならないように、きちんと方針通り購入していきます。

購入したら報告いたしますのでしばしお待ちを。

 

5月の給料早く振り込まれないかなあ、、、

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

↓応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です