ETF

【VOOG】バンガード・S&P500グロースETF、GAFAM+V+MAに投資できる

【VOOG】バンガード・S&P500グロースETFとは

S&P500のうち成長銘柄で構成される指数(S&P500・グロース指数)に連動したETFです。

マイクロソフトなどITを中心に構成され、バンガード社が運用しています。

基本データ

設定日 2010年9月7日
ベンチマーク S&P500・グロース指数
構成銘柄数 276
経費率 0.1%
株価 $189.83
配当スケジュール 四半期ごと(3・6・9・12月)
配当利回り 0.95%
連続増配年数 0年

(2020/06/23時点)

【VOOG】セクター別構成比率

以下グラフは【VOOG】のセクター別構成比率です。

セクターはITに偏っております。

構成上位10銘柄

バンガードwebサイトより引用)

いまをときめくGAFAMにVisaとMastercardも加わっております。

キャピタルゲインによるリターンを最も期待できるETFといえます。次節でリターンを見ていきましょう。

設定以来【VOOG】のトータルリターン

VOOGS&P500のトータルリターンです。

S&P500と比較してもやはりグロースに投資している方がリターンが大きいようです。

年率リターンは以下の通りです。

年初来 1年 3年 5年 設定来
3.62% 19.98% 14.89% 13.11% 15.70%

 

所感

【VOOG】は米国の成長銘柄で構成される指数に投資できるETFです。

近年のITの発展から今後も成長が期待できます。さらにリターンもS&P500を上回るほどです。

しかし、セクターはITに偏っており、GAFAMとVisaとMastercardで構成比約40%を占めます。

それなりにリスクはあるということですね。

 

というわけで、【VOOG】のみを保有しておくのはオススメしません。

【VIG】や【VYM】などセクターが満遍なく網羅されているETFと合わせて保有するのが良いでしょう。

【VIG】バンガード・米国増配株式ETF、連続増配10年以上の銘柄に投資できる【VIG】バンガード・米国増配株式ETFとは 米国の大型株で連続10年以上増配実績のある銘柄で構成されるETFです。 資本財・消...
【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF、幅広い業種に分散、高利回り【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFとは 米国大型株のうち、配当利回りが市場平均を上回る銘柄で構成されているETFです。 ...

今月は6月で、賞与が支給されます。ここぞと言わんばかりに【VOOG】を始めとするETFに投資したいと私は考えております。

給料が入ったので米国株式を購入しました。6月も中旬となり、給料が振り込まれました。 そこで今月も即、給料を米国株へ投資します。いち早く経済的自由を達成するために。 ...

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

↓応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です