ポートフォリオ

2020年7月現在のポートフォリオ

2020年7月現在のポートフォリオ

先日、定期買付日に則り、米国ETFを購入いたしました。

2020年7月の購入銘柄(20万円分)昨日給料日を迎えました。 今月も自分ルール(給料日のタイミングで購入する)に則り、購入いたしました。 購入した銘柄 【...

 

結論から言うと、購入後のポートフォリオは下記のとおりになっております。

(2020/07/24時点)

【VOO】が約40%

【QQQ】が約30%

【VIG】が約20%

残りの10%が有象無象(個別株など)といったところです。

 

個別株の銘柄群を見ていただけたらわかるかと思いますが、【PM】【T】【XOM】【MO】など高配当銘柄ばかりです。

投資方針を変更しましたが、売却せずに依然として塩漬けの状況です。(配当金という名の小銭はちょくちょく入金されます。)

投資方針を変更しました。投資方針を変更しました。 実はここ数ヶ月の間、膨らみ続ける含み損を見て「自分にとって投資とは何だろう」と考えていました。 ...

今後の購入は高配当株を買わずにETF中心にしていきます。

 

また、【VOO】【QQQ】【VIG】を組み合わせることで、【VOO】単体を保有しておくよりもパフォーマンスが良いことが過去の検証から明らかになっております。

【VOO】+【QQQ】+【VIG】で構成されたポートフォリオを検証してみた。先日お給料が振り込まれ、以下ETF銘柄を購入いたしました。 https://unagidon.com/2020/06/21/inv...

ただ、この3銘柄の比率を考えることが難解です。リターンとリスクはトレードオフの関係となっており、リターンを大きくしようとしてハイテク中心の【QQQ】を増やすのか、リスクを下げようとして【VOO】【VIG】の割合を増やすのか、いまだ決めかねております。

ハイテクセクターが今後どうなっていくのかはわかりませんし、GAFAMだけで50%弱構成されている【QQQ】はETFの中でも分散しているとは言い難いでしょう。

その点【VIG】はハイテクではなく主に資本財・ヘルスケア・消費サービスで構成され、【VIG】と組み合わせることでセクター的にもバランスが取れると思います。

【VIG】バンガード・米国増配株式ETF、連続増配10年以上の銘柄に投資できる【VIG】バンガード・米国増配株式ETFとは 米国の大型株で連続10年以上増配実績のある銘柄で構成されるETFです。 資本財・消...

 

いずれにせよ、この3銘柄【VOO】【QQQ】【VIG】には今後も注目していきたいですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

↓応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です