株式投資

インデックス投資にした瞬間、決算を見る必要がなくなった。

インデックス投資にした瞬間、決算を見る必要がなくなった。

先日、インデックス投資へ思い切って方針を変えました。

投資方針を変更しました。投資方針を変更しました。 実はここ数ヶ月の間、膨らみ続ける含み損を見て「自分にとって投資とは何だろう」と考えていました。 ...

 

そうすると、良かったことがあります。

そう、決算書を見る必要がなくなりました。

 

過去に、このように個別銘柄については分析を行ってきました。

【MO】アルトリア・グループ、米国たばこ会社、配当利回り8%超え本記事では米国たばこ会社アルトリア・グループの銘柄分析を行います。 【MO】の銘柄分析 基礎データ 会社名 アルトリ...
【MCD】マクドナルド、世界展開のハンバーガーチェーン、安心のブランド力からくる収益性本記事では世界的に展開するファーストフードチェーン【MCD】マクドナルドの銘柄分析を行います。 【MCD】の銘柄分析 基礎データ ...
【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン、総合ヘルスケア企業トップ、優良銘柄本記事では総合ヘルスケアトップである【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンの銘柄分析を行います。 ジョンソン・エンド・ジョンソン...

 

ただ気づいたことは、分析しても何の意味もないんじゃないかということです。

分析したところで、株価を予想できるわけではありませんし、減配などを予測することも困難です。

さらに、世の中の状況は刻一刻と変化していきますので、分析したこにはもう情報としては遅れているのです。

わかることといえば、事業内容と事業が継続していきそうかどうかです。(あくまでも銘柄を購入するか否かの判断材料に過ぎません。)

 

そういったことも含めて方針を変更しました。

 

というわけで今後は決算書を見る必要がなくなりましたが、米国の経済動向には引き続き注目しなくてはなりません。

今後あるビッグイベントとしては、米国大統領選挙です。

トランプ氏が勝つのか、バイデン氏が勝つのかは誰にもわかりませんが、結果次第で株価に影響することは避けられません。

 

仮にバイデン氏が勝つことで経済が大きく変わり、株価に影響してしまうことになると、投資方針を見直すことになるかと思います。

このように常に自分の価値観と照らし合わせながら、リスクをどれほど許容できるのかで投資方針を常にアップデートしていくことになります。

 

最後に私の好きな言葉を紹介しておきます。

進化論を提唱したダーウィンの名言です。

「生き残る種とは、最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応したものである」

これは投資にも同じことが言えるのではないでしょうか。

「市場を退場せずに生き残るものは、最も変化に適応したものである。」

 

市場を退場せずに末永く投資を続けていきましょう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

↓応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です